京っこクラブ11月

11月21日

活動タイトル<秋ノリサーファー>

活動場所:京都府立植物園

活動内容

  • 午前:ネイチャービンゴ、ネイチャーゲーム①
  • 午後:ネイチャーゲーム②

 

今月は、秋の自然を満喫してもらうよ。木に花に、みんなはどんな秋を感じることができるかな?植物園内の様々な自然を見つけ、まずは自然に触れてみよう。 

 

 『蛾とコウモリ』というゲームをするよ。コウモリになりきって、逃げている蛾役のみんなを捕まえよう。でも、目隠しをして音だけを頼りに捕まえないといけないから難しい!! 

 

 お弁当に一品、みんなはどんな秋の旬なものを持ってきているかな?栗に梨、きのこやサツマイモも旬だね。どれも甘そうで美味しそう♪♪ 

 

 午後は、山に住んでいる動物になりきって、『忍び足』を体験しよう。落ち葉や小枝の上を歩いても音を鳴らさないように歩くよ。そして忍び足を使ったゲームも行うよ。目隠した人にばれないように、目の前の宝を取ろう。みんな上手にできるかな? 

 

 今日は、色々と経験して自然を感じることができたね。普段みんなが過ごしている中の自然にも興味が沸いてくれたら嬉しいな。 

 

 <活動総括>

今月は秋の自然を用いて、グループワークや自然の楽しさを感じてもらうプログラムを展開しました。内容も徐々に入り込んでいけるように工夫しました。初めはプログラムに対してよりも植物園内自然に対して興味が沸き、午後になるにつれて徐々にプログラムに興味が沸いてきました。特に『忍び足』を用いたプログラムは時間を忘れるほど皆夢中になっていました。このプログラムでスゴいと感心したのが、ルールを伝え回数をこなしていく度に、課題を解決するため次第に自分達で考え明らかに上達されていた点です。こちらもルール追加をしないと成り立たなくなるほどの成長でした。これこそが、私たちが活動で求めている『自分で考えて動く力』です。今回はゲームに対してでしたが、これからはこの力を様々な場面でも発揮できるように促していきたいです。

2010年11月22日公開